アイピルの避妊成功率は?

性行為が終わった後に避妊効果を発揮してくれるアイピルですが、残念ながら飲めば絶対に避妊に成功する!というわけではありません。

正しく服用すればほぼ100%で避妊はできるものの、あくまで「ほぼ」なのです。

 

では、実際にはどのくらいの確率で避妊ができるのか?また、アイピルで失敗してしまう原因はなにか?こちらで紹介したいと思います。

 

アイピルの避妊成功率は何%?

調べる女性アイピルは性行為後72時間以内に服用すれば避妊効果が得られると言われていますが、どのくらいの確率で避妊に成功するのでしょうか。

 

性行為後72時間以内に服用した場合の避妊成功率は約96%!

 

かなり高い確率ではあるものの、ここで知っていただきたいのは72時間以内であればどのタイミングで服用しても同じ避妊成功率ではないということ。

 

例えば、

性行為直後~12時間以内に服用した場合…避妊成功率は約99%

性行為後13~24時間以内に服用した場合…避妊成功率は約98%

性行為後25~36時間以内に服用した場合…避妊成功率は約98%

性行為後37~48時間以内に服用した場合…避妊成功率は約97%

性行為後49~60時間以内に服用した場合…避妊成功率は約97%

 

というように、時間の経過とともに避妊成功率が若干下がっていくのがわかると思います。

数字はそこまで大きく変わってきませんが、妊娠を避けれる可能性は高いに越したことはありません。

早く飲むほど成功できる可能性が高いので、なるべく早く飲めるように準備しておきましょう。

 

72時間を過ぎてしまった場合は避妊できない?

アイピルなどのアフターピルは、性行為をしてから72時間以内に服用しなければ効果が得られないと言われています。

では、72時間を過ぎてしまった瞬間効果がゼロになってしまうものなのでしょうか?

 

アイピルは、子宮内膜を無理やり剥がすことによって受精卵の着床を防ぐ役割があります。

ただ、アイピル服用後すぐに効果が現れるわけではありませんので、着床までの期間を考えるとギリギリ72時間がタイムリミットになります。

ですが、72時間を過ぎても120時間(5日間)以内であれば避妊効果は得られます。

とはいっても72時間以内に服用する場合と比べて大幅に避妊効果は下がりますので、なるべく早く服用するよう気をつけましょう。

 

アイピルを飲んで失敗してしまう原因

失敗した女性アイピルを服用したのに避妊に失敗してしまった…。こうしたケースはたまにあります。

アイピルで避妊失敗した理由には、服用するタイミングが遅れた、吐き出してしまったといった事が多く、服用する際にはしっかりと時間を守って服用し、副作用を抑えるために酔い止め薬などを併用するようにしましょう。

 

また、アイピル服用後の性行為についてですが、消退出血がくるまではなるべくしないようにしてください。

というのも、アイピルを飲むことによって排卵が遅れますので、タイミングが悪ければ妊娠が成立してしまいます。

 

アイピルで避妊成功を確かめる方法は消退出血の有無です。

通常の生理と同じように出血が起こりますが、消退出血はすぐには訪れません。早くてもアイピルを飲んで3日後、遅ければ数週間後になります。

人によっては生理予定日と同じタイミングで出血しますが、予定日を1週間過ぎても出血がない場合には妊娠している可能性があります。

消退出血がくるまで性行為をしないことが一番ですが、性行為をする場合には、必ずコンドームなどの他の避妊具を用いるようにしましょう。

 

アイピルを飲んで妊娠してしまった場合は?

妊娠中の女性アイピルは妊娠を防ぐお薬ですが、中絶する効果はありません。

そのため、アイピルを服用しても妊娠してしまった場合は中絶するか妊娠を受け入れるか、どちらか選択しなければなりません。

 

ただ、アイピルを飲んで妊娠した場合、もしくは妊娠してることに気づかずアイピルを服用してしまった場合、赤ちゃんに影響はないのでしょうか。

 

現在、アイピルなどのアフターピルを服用したとしてもお腹の赤ちゃんに異常が見つかったという報告はありません。そのため、心配する必要はありません。

ただし、すでに赤ちゃんが生まれており、授乳中の場合には乳汁に成分が移行してしまうため注意が必要です。

授乳中にアイピルを服用した場合には、服用後少なくとも24時間開けてから授乳してください。

 

妊娠を避けるためには準備が必要

備える女性アイピルは正しく服用すれば高い確率で避妊に成功しますが、服用タイミングが遅れると避妊成功率も下がります。

まだ妊娠は早い…そういった場合には事前にアイピルを用意しておくことが大切です。

 

アイピルは病院で処方してもらえますが、あくまで緊急用のお薬なので予備は処方されません。

また、事情があってすぐに病院へいけないこともあるでしょうし、病院がお休みであれば処方してもらえません。

そのため、アイピルは通販を利用して事前に用意しておくのが安心です。

通販であればお値段も安いですし、予備用として数個購入することも可能です

 

アイピルを持ってる女性は遊んでると思われるのでは…?と思う方もいるかもしれませんが、これはあくまで自分の身を守るお薬です。

また、通販であれば郵便局留めでも受け取れますので、誰にも知られることなく購入することができて安心です。

わたしはアイピル買うならやっぱり「通販」

アイピルのパッケージ通販を利用すれば、アイピルだけでなくいろんなお薬が気軽に買えます。薬の種類によってはちゃんとお医者さんの話を聞いて処方してもらった方がよさそうなものもありますが、アイピルの場合は通販で問題なし!です。

あくまでわたしの主観ですが、アイピルの飲み方はそんなに難しくないし、副作用も少なめで心配もないからわざわざ病院に行かなくてもいいかなって思います。
最後の手段として、一つは持っておくと予想していない事態に対応できたりすると思うんで、自分を守るためにも持っておくほうがいいと思います。

 

アイピルの購入はこちら

アイピルと低用量ピルの違いは?

違いを考える女性一般的に「ピル」というと、低用量ピルを思い浮かべる人が多いと思います。

わたしもアイピルの存在を知ったのはかなり大人になってからだったので、ピルといえば毎日飲むやつでしょ?と思ってました。

 

でも、よく考えてみると低用量ピルとアイピル(アフターピル)って全然違うじゃないですか?

どっちも避妊できる薬ではあるけど飲み方も違えば効果も違うし…。

ここでは低用量ピルとアイピルの違いを詳しく紹介していきます。

 

成分の違い

低用量ピル

低用量ピルの種類によっても異なりますが、低用量ピルは卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンが含まれています。

1相性ピルと言われるものはホルモンの配合量が一定になっていて、3相性ピルと言われているものはホルモンの配合量が3段階に分けられています。

 

アイピル

アフターピル(緊急避妊薬)のアイピルは黄体ホルモンのみ含まれています。低用量ピルに比べてホルモンの含有量が多いです。

 

目的の違い

低用量ピル

低用量の女性ホルモンを体に投与することで妊娠時と同じホルモンバランスにするお薬です。様々なシーンで服用できます。

 

避妊をしたい

低用量ピルによって妊娠中と同じホルモンバランスに変化させますので、体が妊娠中と思って排卵を抑制します。

その結果、低用量ピルを服用している間は妊娠しなくなります。服用をやめると妊娠できる体に戻ります。

 

生理の悩みを軽減させたい

生理痛、生理前のイライラ、生理不順など生理にまつわる様々な悩みが低用量ピルによって改善されます。

実際に病院でもこうした症状の治療に低用量ピルが処方されることもあります。

 

大人ニキビを改善させたい

肌荒れの中でも、特に大人ニキビは女性ホルモンのバランスが大きく影響しています。

ただ、低用量ピルを服用することでホルモンバランスが整い、大人ニキビが改善されます。

 

女性特有の病気予防

排卵を抑制することで体の負担が大きく軽減され、子宮体がんや卵巣がんなどの女性特有の病気を予防できます。

 

アイピル

アイピルは緊急避妊薬とも呼ばれているように、緊急的に避妊効果を得られるお薬です。

基本的に予期せぬ出来事があった場合の避妊薬として服用します。

 

避妊に失敗してしまった

ちゃんとコンドームをつけてSEXしたのに、終わったらコンドームが外れていた・破れていた…。

 

避妊しなかった(してもらえなかった)

その場の成り行きに身を任せてしまった…。そんなつもりはなかったのに避妊なしで中出しまでされてしまった。

 

性暴力での妊娠回避

レイプや性暴力の被害に合ってしまったという場合、望まぬ妊娠を避けられます。この場合には公費援助が得られますが、申請しなければなりません。

 

飲み方の違い

低用量ピル

低用量ピルは、毎日ほぼ一定の時刻に1錠ずつ服用します。21日間連続で服用し、7日間は休薬(プラセボ錠服用)します。

1サイクル28日間となっており、休薬期間終了後は再度21日間連続で服用を開始します。

生理(消退出血)は休薬期間中に起こります。

 

アイピル

アイピルは、危険なSEXをした72時間以内に1錠服用します。それだけでほぼ100%の避妊効果が得られます。

生理(消退出血)は、アイピル服用後3~14日以内に起こりますが、場合によっては生理予定日と一緒に起こります。

ただし、アイピルはあくまで緊急用の避妊薬となりますので常用はできません。

 

低用量ピルでアイピルの代用できるってホント!?

代用する女性同じ避妊を目的とする低用量ピルとアイピルですが、飲み方が全然違います。

ですが、「低用量ピルを持っていればアイピルの代わりになる」という話を聞いたことありませんか?この情報はホントなのか、それともガセなのか…。

 

答えは「ホント」です。

ですが、アイピルが本当の緊急避妊薬ですから、低用量ピルで緊急避妊することはおすすめしません。

 

でも、どうして低用量ピルでアイピルと同じ役割を果たせるのか?

それは同じ成分が含まれているお薬だからです。

低用量ピルによって服用方法は違い、トリキュラーであれば性行為後72時間以内に黄色の錠剤を4錠、服用12時間後に4錠服用します。

マーベロンであれば白い錠剤を性行為後72時間以内に3錠、服用12時間後に3錠服用します。

 

他の低用量ピルでは十分に排卵が抑制できないため、アイピルと同等の効果は得られません。

 

普段は低用量ピルを飲んでいて、忘れた時用でアイピルを用意している。

用意周到なはずだったのに、飲み忘れ&買い忘れでどうしようと焦った時は、この方法で緊急避妊をすればいいかもしれませんね。

ただ、この使い方をしてしまえば低用量ピルのサイクルが合わなくなりますし、やはりアイピルを使用するのが一番なので、前もって通販でアイピルを頼んでおくのが一番でしょう。

 

SEXのたびにアイピルを服用することはできませんが、何かあった時のためにアイピルがあるのとないのでは気持ち的に全然違います。

低用量ピルのほうが体の負担は小さいですが、毎日飲むのはちょっと…。

そういった場合でもアイピルは非常に心強い味方になりますので、通販で1錠だけでも買っておくのがオススメ。

 

わたしはアイピル買うならやっぱり「通販」

アイピルのパッケージ通販を利用すれば、アイピルだけでなくいろんなお薬が気軽に買えます。

薬の種類によってはちゃんとお医者さんの話を聞いて処方してもらった方がよさそうなものもありますが、アイピルの場合は通販で問題なし!です。

あくまでわたしの主観ですが、アイピルの飲み方はそんなに難しくないし、副作用も少なめで心配もないからわざわざ病院に行かなくてもいいかなって思います。

最後の手段として、一つは持っておくと予想していない事態に対応できたりすると思うんで、自分を守るためにも持っておくほうがいいと思います。

 

アイピルの購入はこちら